ぼっち旅ブログ

海外旅行好きなおっさんが廻ったスポットの紹介ブログです。

マニラのナイトスポット『エドサコンプレックス』の話

こんにちは、ねもてぃ(@bocchix1)です。

本日はマニラ2大ゴーゴーバーエリアの一つエドサコンプレックスについて解説していきたいと思います。

  

 

エドサコンプレックスとは

f:id:bocchix:20191124113507j:plain

ブルゴス通りと対をなすマニラ2大ゴーゴーバーエリアのうちの一つ

ちなみにフィリピンでゴーゴーバー遊びをするとしたら、ブルゴス通り、エドサコンプレックス、アンヘレスウォーキングストリートの3トップです。

 

エドサコンプレックス(通称エドコン)はゴーゴーバー密集施設で大きな建物の中に複数のゴーゴーバーが入っています。

イメージとしてはバンコクナナプラザを小さくしたような感じ

ナナプラザを知らない方は日本のラーメンスクエアをイメージしていただけたらと思います。

 

 エドコンの特色、アンヘレスと比較して

f:id:bocchix:20191010115107j:plain

フィリピンのゴーゴーバーエリアというとアンヘレスをイメージする方が多いかと思います。

アンヘレスと比較するとエドコンはお値段やや高めです。

 

アンヘレスはお持ち帰り代が3500PHP(約7000円)でロングなのに対し

エドコンはショートで6000PHP(12000円)、ロングで8000PHP(約16000円)と大分割高です。倍以上かかります。

※ちなみにお値段は全店舗で統一されているそうです。

 

ただし女の子のレベルはアンヘレスに比べてエドコンの方が遥かに勝っています。

というのもエドコンはアンヘレスと異なり日本人観光客が非常に多く日本人がメイン客層らしいです。

なので女の子のルックスやファッション、化粧なども日本人好みにしているのでしょう。

日本人の僕から見て「可愛いな~」と思える子が多かったです。

 

 

エドコンの内のおススメのお店は?

エドコンには7つの店舗が入っています、1件がカラオケで他6件がゴーゴーバーです。

ネット上では『どの店も大きな差はなく、タイミングによって良い日もあればイマイチな日もある』との事でした。

 

周ってみた感じ確かに何処の店も日本人好みという店で店のコンセプトは共通しているのであまり大差はないのかもしれません。

その中で僕が訪れた際に一番レベルが高いと感じたのはここ

Bullets & Arrows' Saloonです。

f:id:bocchix:20191124185009j:plain

他の店舗もレベルは高めでしたが、ココは特にいい子が揃っていました。

後店の制服(?)である黒のビキニが凄くセクシーなのもGOODですね。

 

行ってみたレポ

Grabタクシーを使い、エドコン前に到着

f:id:bocchix:20191201004954j:plain

時刻は月曜の19:30頃という事もあり客はかなり少なく中は大分静まり返っていました。

前情報では特に突出したお店は無く全店同じような感じとの事だったのでとりあえず色んな店を回ってみることに

まだ客が少ないせいか建物の中を歩いているだけで呼び込みが凄いです。

f:id:bocchix:20191201004944j:plain

(※エドコン建物内の様子)

まだ客が少ない時間帯だからなのか、どの店も店内に入ると店の女の子が一斉に僕の前に並び

「好きな子を指名しろ」との事

んで僕の分のドリンクと女の子のドリンクをオーダーして最初からマンツーマンで飲むという流れに

客が少ない時間帯だからなのか、それともエドコンがこういうシステムなのかは不明ですが

とりあえずまずは女の子を指名という流れでした。

 

 

エドコンはアンヘレスと違い日本語が話せる子が多かったです。そして源氏名も皆日本の女の子っぽい名前…

とりあえず色々とエドコンの話を聞いてみると、やはり客層は日本人が一番多いとの事

週末は日本人だらけで大盛況ですが逆に平日、特に月曜日はガラッガラに空いているとの事でした。

 

僕が行ったのが月曜のオープン直後のガラガラな時間だったこともありとにかくアプローチが凄かったです。

 

 

ちょっと変態チックな子が多い

 

エドコンの女の子はちょっと変態チックな女の子が多い気がします。

バーファインするか否かの選択を迫られたときも「私のテクニックは凄いぞ」とか「私のプレイは情熱的獣的で超激しいぞ」みたいな何ともそそられる事を言ってきます。

バーファインする女の子を選ぶ際に、ルックスやスタイルだけでなくこういった変態度やその子の得意分野で選んでみるのも面白いかもしれません。

 

ちなみにその日僕は、自称膣圧が凄い、バイブを沢山持ってきているバイブマニアの子をお持ち帰りしました。

バーファインは店に3000PHP、女の子にも3000PHPとの事だったのでとりあえず店に3000PHPお支払いし、一緒にホテルへ

エドコンの目の前!?マニラのホテル『Sogo』の部屋の詳細 - ぼっち旅ブログ

 

やたら色んな種類のバイブを持っていたのでとりあえず色々試して遊んでみることにw

エドコンの子はキスやFも積極的で中々に楽しめましたぞーw

最後NSを交渉してみるとNSは追加で1000PHP、NNは更にもう500PHP追加との事でした。

1500PHPなら全然払うわーwwって事でチップを払いおいしくNN頂きました。

 

 

帰りに「次フィリピンに来るときは日本のバイブをお土産で買ってきてほしい。」との事

「日本はHentai shopが沢山あってHentai Goodsの性能もイイ」「フィリピンはHentai Shop少ない」との事でした。

とりあえずそんな約束をしたりしなかったりでその日のエドコンは幕を閉じたのであった。

 

結局かかったお金は

バーファイン:3000PHP(約6000円)
女の子のチップ:3000PHP(約6000円)
NS代:1000PHP(約2000円)
NN代:500PHP(約1000円)
タクシー代のチップ:500PHP(約1000円)
合計:8000PHP(約16000円)
 となりました。店で飲んだドリンク代も入れると恐らく10000PHP(20000円)くらいかな?
アンヘレスや他の東南アジア風俗に比べるとちょっと割高には感じるかもしれませんが
正直このレベルの子にNNで約2万だったら超破格だと思いました。
 

 

 

アクセス

電車で行く場合はエドサ駅、もしくはバクララン駅を降りて少し歩く必要があります。

ただごちゃごちゃしていて少しわかりにくいのと、何より夜のマニラは治安が悪く危険なので

大人しくGrabタクシーで向かった方が良いかと思います。

住所:2821 F.B. Harrison St, Pasay, 1308 Metro Manila, フィリピン