ぼっち旅ブログ

海外旅行好きなおっさんが廻ったスポットの紹介ブログです。

タイ バンコクのMP(マッサージパーラー)ポセイドンの解説

サワディーカップ、ねもてぃです。

前回書いたポセイドンの記事

タイ・バンコクのMP(マッサージパーラー)ポセイドンの話【前編】

沢山の方に読んでいただき誠にありがとうございます。

 

そして今回またポセイドンに足を踏みいれてきましたので

最新版という事でポセイドンの事を書かせていただきたいと思います。

 

 

 

 

MPとは?ポセイドンとは?

f:id:bocchix:20181105170908j:plain

MP(マッサージパーラー)とはタイの風俗店のジャンルです

人によっては『サウナ』という呼び方をされる方もいます。

 

サービス内容は指圧マッサージ、混浴、そのあとはブンブンという流れ

ただヤルだけじゃなくて、マッサージして貰えたり、湯船に浸かってまったり出来たりするのは良いですね。旅の疲れが取れます。

 

 

 

 

数年前まではナタリーというMPがバンコク市内NO1人気店だったのですが

(ナタリーの記事は下記より)

タイ・バンコクのMP今は亡きナタリーの思い出…【前編】

 

ナタリーが営業停止を食らってしまい。ナタリーに代わり新たなる日本人人気NO1店

それが今回ご紹介するポセイドンなのです。

 

 

 

 

 

行き方

ポセイドンへのアクセス方法をご紹介します。

最寄り駅はMRTスティサン駅です。

 

スティサン駅に着いたら4番出口を目指してください。

 

f:id:bocchix:20190309154556j:plain

(画像ブレブレでスミマセン)

 

f:id:bocchix:20190309154729j:plain

そのまま出口を目指してエスカレーターに乗ります。

 

 

 

 

 

f:id:bocchix:20190309154841j:plain

MRTスティサン駅4番出口はこんな感じになっているので

後はひたすら道なりにまっすぐ進むだけでポセイドンに行きつきます。

 

 

 

 

 

 

 

…というかこの写真よーく見るとすでにポセイドンが映ってますね…

f:id:bocchix:20190309155131j:plain

このピンクのデカイ建物を目指して進んでいってください。

徒歩およそ5分ほどひたすらまっすぐで大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

f:id:bocchix:20190310141417j:plain

しばらく行くと聳え立つこの巨大な建物

コレが今回の目的地『ポセイドン』です。

 

 

 

f:id:bocchix:20190310141507j:plain

デケエエエエエエエー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

システム

以前来た時は1階、3階フロアに分かれていて

1階はひな壇になっていて、3階はソファ席という形だったのですが

 

今回は入り口から入るとそのまま3階に案内され

3階がひな壇になっていました。

 

(ひな壇ってどんな感じなんぞ?)って方のために画像付きで説明すると

 

 

 

f:id:bocchix:20190310144031j:plain

出典: バンコク留学生日記

よそ様の写真をお借りしてぺたぺた

 

こんな感じのガラス張りの壁の向こうに女の子が大量にいるのです。

座る場所によってランク分けがされていてランクごとに料金が違うため

 

ここからここまでの子は幾ら、ここからここまでは幾ら

という感じになっています。

 

 

 

 

 

行ってみた。

店に入るとそのまま3階に案内されました。

飲み物を聞かれたのでビールを注文、確か140THBだったと思います。

 

ビールを飲みながらひな壇を眺めていると、日本語が話せる従業員が登場。

「一番左の子は2800THB、その隣から5人は3000THB」

と日本語で女の子の値段を説明してくれます。

 

但し僕が行ったタイミングは女の子の人数がかなり少なめでした。

 

3000THBの子が5人ほど

2800THBが1人

2600THBが15人くらい

 

ちなみに一応1階も見てみようとするも

「下はやっていなくて今はここにいるので全員」との事でした。

 

タイミング的なモノなのか、それとも在籍自体が減っているのか

一時は100人超えも珍しくなかった分、今の現状が少し寂しく見えました。

 

 結果

中々好みの子も見つからず今回は見学だけで帰宅という流れになりました。

金曜の夜に行ったのですが如何したものか…

 

また次回の訪タイの際にリベンジしたいと思います。

以上、ねもてぃでした!