僕が海外旅行に興味を持ったきっかけ、魅了されたワケ【後編】

前回の続きです。

 

www.bocchix.com

憧れのタイへと旅に出る

f:id:bocchix:20181012135526j:plain

なんやかんやで色々とあり、ついに憧れのタイへと降り立ちました。

空港で手続きを済ませ、外に出た時は

(ここが10年近く憧れてきた地か、ついに辿り着けた…)

感動したのを覚えています。

 

大げさかもしれませんが人生の目標の一つを達成できた達成感というか…

下ネタになって申し訳ないですが、男性ならわかるかと思いますが童貞卒業の感動といいますかそんな感情がありました。

 

正直ホテルの場所も路線図も何も調べずに来たので当然迷いました。

バンコクのスワンナプーム空港に到着したのが現地時間16時ほど、本来であれば17時前にはホテルにたどり着けるハズなのですが場所が分からずなんやかんやで20時くらいにチェックインしました。

 

ちなみに当時泊まったホテルはS33 コンパクト スクンビットというホテルです。

f:id:bocchix:20181012140705j:plain

ゴーゴーバーを満喫するも…

タイに降り立ってからは毎晩ゴーゴーバーやマッサージパーラーを渡り歩き派手に女遊びを満喫するも

女遊び以外の事は何も調べずに来たので日中はやることが無くなりました。

折角海外に来たというのにマッサージ屋に行く、散歩くらいしかしておらず今考えれば非常にもったいなかったと思います。

 

ただ、それでもタイという国はとても楽しくまた来たいと思えたので次回は

  • アソーク駅周辺の神立地ホテルを取る
  • もっと下調べをしてタイの名所や観光スポットを回る。

という事を意識して来よう、と誓い日本へと帰りました。

 

 

 

その後、再びタイへと舞い戻る

f:id:bocchix:20181013150607j:plain

 日本に帰国後新しい職場に入り、数年たったある日

貯まった有休と公休を合わせて連休を取り再びタイを訪れることにしました。

 

前回の反省点を活かし、アソーク駅徒歩数分圏内のホテルを取り

風俗以外の行ってみたいスポットを数か所決めて行ったのですがこの旅が最高で人生観を大きく変える事になりました。

 

日本にはない外国ならではの独特の空気感、あのオープンな感じや町中に屋台があるあの開放的な感じ、ナイトマーケットなどなど

日本ではない海外ならではの文化に触れて、今まで自分が見てきた『日本の常識』はあくまで日本国内だけのモノ

海の外にはまだまだ自分の知らない世界が広がっていた!?という事を感じさせられました。

 

またこの旅では良くも悪くも色んな人との出会いがありました。

 

向こうで仲良くなり「次タイ来るときは連絡するからまた遊ぼう」とLINEを交換した人もいたり

家族で屋台をやってる人たちに温かく迎えられたり

麻薬の売人(?)のスリと出会ったり↓

www.bocchix.com

この旅がきっかけで、タイ以外の国も見てみたい、色々な国に行って文化の違いに触れてみたい、その土地ならではの魅力を感じたいと強く思うようになり

海外旅行にハマっていくのでした。

 

 

 

さいごに

最初は不純な動機と好奇心から海外へ出たのですが色々な魅力に取りつかれ、様々な国を旅しています。

殆どが一人旅なのですが、一人だからこそ現地での様々な出会いや、辿り着いた景色の美しさが色濃く感じられたのではないかと思っています。

 

海外での感動は実際に体験しないと分からないので、海外に興味がある方は是非一度海の外へ飛びだしてみることをお勧めします。

僕自身フツーのサラリーマンなのでそんなに頻繁に海外に行けるわけではないのですが

数か月に一度旅をして、その旅の記録を今後もブログにつづっていきたいと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。