タイ・バンコクのテーメーカフェの話【解説編】

本日は、タイの3大夜遊びスポットの一つであるテーメーカフェについて、主に遊び方やシステム、実際に僕が遊んだ体験談なんかを記していきたいと思います!!

 

テーメーカフェとは?

f:id:bocchix:20180909080734j:plain

ゴーゴーバー、マッサージパーラーに並ぶ、タイの3大夜遊びスポットの一つ、その実態は援助交際カフェです!

日本でいう所の出会いカフェに近いモノと考えていただければと思います。

 

(風俗店のように店が女の子を雇って働かせるという訳ではなく、あくまで店側は場所を提供してるだけであって、店と女の子は無関係です。女の子は個人でやっています。)

 

店内に女の子が大勢いるので、気になる子に声かけて値段交渉などをし

条件が合えばホテルにお持ち帰りするという流れです。

 

 

 

テーメーカフェの良い点

  • アソーク駅とナナ駅の中間(つまりソイカウボーイとナナプラザの間)にあるので立地がかなり良い
  • 実物を見て実際にお話しして決めれるので、日本でいうパネマジ(写真詐欺)や性格が思ってたのと違う。ってことは無い
  • 店が閉まってからも店の前で客待ちしてる子がいるので夜中遅くでも遊べる
  • 店にペイバー代を払わなくていいので、ゴーゴーバーよりちょっと安く遊べる
  • 学校帰りの大学生、仕事帰りのOLが多いらしく風俗嬢とはまた違った新鮮味がある。
  • レディボーイは改造済でも入店禁止らしいので、店内にいる子は100%女の子。

 

 

テーメーカフェの良くない点

  • 何処の店にも属さないフリーの個人売春婦なので万が一何かトラブった時にどうする事も出来ない(金品の盗難など)
  • (この遊び日本でも出来るよね…?)と思ってしまう

 

 

 

 

システムなど

一応カフェとして営業しているので、ドリンクやフードなどもあり、店内に入るとまず最初にドリンクを注文するように言われます。

恐らくこれが入場料替わりなのでしょうか?料金は確か80バーツくらいだったと思います。

(うろ覚えですみません、次回訪問時にしっかり確認してきます。)

 

ピークタイム

僕が訪れたのが24時前くらいだったのですが、女の子の人数は150人ほどいました。

しかしながらかわいい子は早い時間にお持ち帰りされてしまうようで、24時前の到着ではあまりピンとくる子はいませんでした。

もっと早い時間での来店をおススメします。

 

営業時間

営業時間は20時~25時まで

ただし金曜日は26時まで空いているらしいです。

 

アクセス、地図

場所はスクンビット通り、ナナ駅とアソーク駅の丁度中間くらいに位置する

ルアムチット・プラザ・ホテルの地下がそうです。

 

 

 

f:id:bocchix:20180909064605j:plain

出典: REM TRAVEL

入口はこんな感じ、真ん中に映る階段のスグ右、若者がたむろしている所に地下に続く階段がありそこがテーメーカフェの入り口になっています。

 

細かい場所が分からなくても、入り口前にも人がかなり多く

声かけてくる女の子(レディボーイかも)が多いので近くを通ると一発でココだな

とわかるかと思います。

 

 

 

続きはこちら

www.bocchix.com